三菱電機、蓄電池を用いて再エネ発電量を制御する技術を開発

三菱電機株式会社は、2014年2月13日付の自社のニュースリリースで、再生可能エネルギー対応蓄電池制御技術を開発したと発表しました。
この技術では太陽光発電を始めとした再生可能エネルギーを大量導入する際、出力変化量を推定して蓄電池の充放電を制御し、電力の需給バランスを保って、電力系統に影響のない安定した周波数の電力を供給できるとしています。

蓄電池の充放電の制御は蓄電池の健康状態を推定した上でも行えるため、蓄電池の余寿命の最大化も期待できます。
また、三菱電機が保有する蓄電池評価データと各蓄電池の測定データから蓄電池の劣化状態を正確にモニタリングできる環境も整えられています。これらのシステムは蓄電池のメーカーや種類に問わず対応できるとしています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です