太陽光、住宅用10kW未満の抑制機器費用は買取価格でカバーして還元

経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買取り制度の見直しに伴い、2015年4月以降から、出力10kW未満の太陽光発電設備を設置し、電力会社に設備接続を申し込む世帯を対象に、発電抑制機器の費用負担を軽減することを明らかにしました。

発電抑制機器は、再生可能エネルギーによる発電量が電力需要を上回るのを防ぐために設置が義務付けられていますが、この費用を加味して買取価格を決定し、太陽光発電を導入した家庭には還元する予定です。

売電制度

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です