TMEIC、パワーコンディショナの製造工場を中国に建設

2月5日、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)は大規模太陽光発電システム用のパワーコンディショナー(PCS)の販売・製造会社を同社では初めてとなる海外製造拠点として中国蘇江省塩城市に設置しました。

塩城市は豊富な日射量や土地を持ち、電力系統や電力消費地が近いためメガソーラー開発にとって好条件が揃っています。中国では二酸化炭素排出量の増加や石炭火力による大気汚染が問題視されており、国策として再生可能エネルギーの積極的活用に力を入れているためTMEICはこのPCSを最重要地域と位置づけています。

この新会社はTMEICが100%出資し、2015年2月から新事業を開始します。太陽光発電システム用PCS「SOLARWARE」の定格出力500kW機と630kW機を製造し、1GW相当の生産高を目指しています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です