カナディアンソーラー、シャープの米国での太陽光発電事業を買収

2月2日、カナディアン・ソーラー(カナダの太陽光パネル販売・発電開発事業者)は、シャープから約2億6500万米ドルでRecurrent Energy社(米国の太陽光発電事業者)を買収すると発表しました。シャープは、本体の業績不振と太陽光パネル及び発電事業の再構築のため売却を決めたとのことです。競売にはソーラーフロンティアなども参加していたということでしたが、最終的にカナディアンソーラーが買い取ったのですね!

買収後、カナディアン・ソーラーの計画段階の太陽光発電所は合計出力約4.0GWから約8.5GWに、実行中のものも合計出力約1.0GWから、約2.4GWに拡大します。

Recurrent Energy社が実行中の太陽光発電所の中には、米カリフォルニア州とテキサス州において出力約1.0GWという世界最大のメガソーラーもあります。
こうしたメガソーラーも加わることから、収入機会が最低でも23億米ドルになる見通しとなっており、カナディアン・ソーラーは業界トップの太陽光発電開発事業者となります。同社は、この買収によってプロジェクトの開発力と資金の調達力を強化することができます。

規制当局の承認などをふまえて、2015年第1四半期に現金支払いによる買収を完了する予定です。
各事業者の財務アドバイザーは、カナディアン・ソーラーがスイスのクレディ・スイス、シャープは、三菱東京UFJ銀行と同行の米国子会社のMUFG Americas社となっています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です