いちごECOエナジー、沖縄県名護市に8.4MWのメガソーラー建設

いちごECOエナジーは、3万2000枚の太陽光パネルを沖縄名護市にある「ゆかり牧場」の跡地を借り受けて、15ヵ所目の太陽光発電所を完成することが出来ました。

年間発電量は約990万kWh、一般家庭の2750世帯分に相当し、名護市の総世帯数2万7700世帯に対して約1割の電力需要をカバーすることが出来る規模となります。

主力の火力発電所は南部に集中していて、揚水と風力発電所があるだけの名護市や北部、災害時の電力供給の不安が大規模メガソーラーが運転されたことで、地域内の供給力が大幅に増えることになります。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です