エクソルがついに自社ブランドパネル「XLMA-271VK」の販売を開始

太陽光発電システムの施工販売大手エクソル(XSOL)が、自社ブランドとして単結晶の太陽電池モジュール(ソーラーパネル)の販売を開始!

今回発表されたモジュールは、あまり聞きなれない「ハーフカットセル」を採用しています。調べてみると三菱電機で受注生産の製品として、同じ仕様のものを見つけました。

問い合わせしてみたところ、やはり三菱製品のOEM販売ということです。
国産の品質に加えて、三菱の標準モデル以上の効率の高さが魅力と言えそうです。

出力271W、効率16.4%。大きさは住宅用の標準モジュールより若干大きめといったところです。

2015年1月15日から、主に産業用に向けて販売されることになるということ。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です