GSユアサ、蓄電池搭載のパワコン販売

GSユアサはパワーソーラーIIIの販売を開始しました。
パワーソーラIIIは、出力4.5kWのパワーコンディショナーにLiイオン蓄電池を搭載したもので、災害時などの電力網が停電したときでも、安定した電極を供給することができます。
太陽光で発電した電気を充電しておくことにより、曇りの日など太陽の日が無いときでも電力供給できるのも特徴です。

気になる価格は?

搭載するLiイオン電池は3タイプあり、4.2kWh(454万円)・8.4kWh(665万円)・12.6kWh(887万円)と少しお高いですね。例えば8~9kWの太陽光発電にパワーコンディショナを付ける場合4~5kWを2台使うことが多いですが、2台分で希望小売価格60~80万円程度。これに600万円プラスして蓄電池がついてきます、と言われても、むしろ蓄電池を別に購入する方が安くなる場合が多そうなので、本当に買う人がいるのか疑問です。
販売目標も控えめで、初年度100台としています。GSユアサもさすがにじゃんじゃん売れるとは思っていないみたいですね。

新しい価値の提案になるか?

ただこの製品で重要だと思うのは、パワコンと蓄電池をくっつけるという今までなかった提案をしていることです。

通常の蓄電池システムも、バッテリーと充電器がくっついた製品となっていますが、パワコンがこの充放電をコントロールできる機能も持つことによって、家のエネルギーマネージメントが効率的で快適に行えるような状況が確認できれば、こうした製品構成が近い将来のスタンダードになることも考えられます。

実証実験などでの導入も期待したいですね。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です