エクソル工場屋根などでコスト削減の接着工法をセメダインと共同開発

2015年2月から販売されるダブル接着工法NAI-Xはエクソルと接着剤で有名なセメダインにより共同開発された商品で、工場や倉庫、スーパーマーケットなどに多い、重ね式折半屋根にも素早く太陽電池を設置できる接着剤工法です。従来の接着剤工法に比べて、屋根への穴あけが不要になるため、雨漏りの心配がないことや工期を最大34日短縮できるとエクソルは述べています。つまり、ほぼ1か月の工期短縮により、人件費をカットすることができるため、太陽光発電システムの導入コストを抑えることができるのです。

同社が接着剤を採用し、セメダインと共同開発を行うのは初めてではなく2011年にもXSOL接着工法を販売しており、今回のダブル接着工法も基本的な考え方は一緒になっています。明らかに違う点は養成期間であり、従来工法が夏季で2週間、冬季で4週間から5週間必要であったのに対して、今回販売される工法は初期固定接着剤のかわりに高機能両面テープを採用したため養成期間が不要となったのです。また、この採用された両面テープの強度も高く、自動車の外装部品や住宅の表札など他の業種で実績のあるテープであり、アクリルフォームを用いています。

環境対応は地上11メートルまでの屋根であることが条件で、塩害対応から海岸線から500メートル離れている屋根に設置ができるようになっています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です