長野県で市民参加型の屋根貸し事業

長野県茅野市では、2015年度から「縄文の里おひさま市民共同充電プロジェクト」が始められます。同プロジェクトでは、市民参加型の太陽光発電事業で、諏訪地方で屋根を提供してくれる「屋根オーナー」を募集しています。

茅野市を拠点に環境保全に取り組むNPO法人「共生空間」による同プロジェクトは、自然エネルギー普及に賛同する市民を募り、住宅の屋根とお金を出し合い、充電収入を分配する太陽光発電事業です。

同事業は、諏訪地域の日射量の多さと屋根という『地域資源』を活用した事業であり、上田市のNPO法人「上田市民エネルギー」が2011年度より始めた「相乗り太陽報発電事業」をベースにしたもので、連携して運営する一般社団法人「自然エネルギー共同設置推進機構」(NECO、上田市)のサポートと監修を受けて事業を展開します。

パネルオーナーは、1口10万円から事業に参加できるもので、契約期間は13年を予定しており、参加金額に加えて1割程度の売電収入が見込まれています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です