経産省、再エネの出力抑制は広域機関が監視する方針

経産省は7日、発電事業者に電力会社が出力抑制の検証と監視機関を設け、送電の中断を求める方針を明らかにしています。これは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度によるものであり、電力会社が過剰に出力抑制を行わない様、防止する目的があります。

また、電力自由化の一環として設立される電力広域的運営推進機関が4月より事業開始予定であり、検証と監視機関を持たせ、再生エネルギー関連の紛争対処も検討されています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です