サンテック、産業用パネルに効率16%超の多結晶新製品2種

サンテックパワージャパン株式会社は、2015年4月に、多結晶太陽光発電モジュール「STP315-24/Vem」と「STP260-20/Wem」の2機種を新たに販売をします。
従来品よりも出力が、10W以上も向上し多結晶セル採用モジュールでは、16%以上のエネルギー変換効率の達成と、同設置面積でも今までよりも発電量を獲得できるようになりました。

新製品であるこの2機種は耐久試験では、国際試験よりも厳しい試験条件にもクリアしています。風圧荷重ではIEC基準の1.6倍の3.800Paを実現しています。またPID耐性などの数多くの第三者機関での試験にも合格しています。

より高い発電力と耐久性を持ち合わせ、過酷な設置環境に対してでも長期にわたって安定した発電能力を発揮します。今後、期待される小規模発電設備に限られて設備範囲で発電効率の高さ長期発電性能維持が重視されています。そこで、2機種の新製品の販売により、更なる販売拡大を目指しています。多結晶4バスバーセルモデルの新製品の2機種に切り替え、住宅用の単結晶モデルと合わせて、4月から販売する太陽光発電モジュールは全て4バスバーセル採用モデルに統一されます。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です