世界銀行がネパールの25MWメガソーラーに融資

電力不足が問題のネパールではその問題解消や経済成長の促進のためメガソーラーの導入プロジェクトが進んでいます。さらに配電時の電力消失を削減することも重要視され2段階での実証プロジェクトが計画されているのです。

そこで合計出力が25MWのメガソーラー導入と電力網の強化に対して世界銀行が1億3000万米ドルを融資すると発表しました。これによりソーラー発電と夜間の水力発電を合わせ、冬季約18時間停電するというネパールの電力現状から停電時間を削減できるとされています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です