パシフィコ・エナジー、ゴルフ場跡地での30MW超のメガソーラー、GEエナジーが出資

日本の企業であるパシフィコ・エナジーは、岡山県美作市に大規模太陽光発電所を開発しています。その開発について、アメリカのGE(ゼネラル・エレクトリック)グループの、GEエナジー・ファイナンシャル・サービスが出資すると発表しました。

大規模太陽光発電所は、2014年の12月から着工しているもので、2016年の夏に商業運転を開始する予定になっています。もともとゴルフコースであった跡地に太陽光パネルを設置する計画で、パネル42MWに対しパワコンは30.2MWという、いわゆる過積載を採用しています。

設計と資材調達と施行は、東洋エンジニアリングが行い、インリー・グリーンエナジー社の太陽光パネルを、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)のパワーコンディショナーを採用します。

大規模太陽光発電所事業に対しては、ノンリコース型のプロジェクトファイナンスを組成し、東京UFJ銀行と中国銀行から約130億円の融資を受けています。GEエナジー・フィナンシャル・サービスが日本国内の大規模太陽光発電所への出資を発表したのは、3件目で、いずれもEPCサービスは東洋エンジニアリング、プロジェクトファイナンスは三菱東京UFJ銀行が主導しています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です