パナソニック、米コロナグループとカリフォルニアに9箇所(16.2MW)の太陽光発電所建設

パナソニックエンタープライズソリューションズカンパニーとアメリカのコロナルグループLLCは、カリフォルニアのトゥーレアリ郡とキングス郡に9つの太陽光発電プロジェクトを完工したと発表しました。

パナソニックエンタープライズソリューションズカンパニーは、企業や自治体向けのエコ・AVソリューションの開発・販売を行っている会社で、太陽光発電プロジェクトは規格段階から実施まで携わった経験があります。
一方、コロナルグループLLCは、アメリカ・カナダ・プエルトリコ・南米の公共機関、自治体、企業、NPOのための太陽光発電プロジェクトに対する融資や運営を行う代替エネルギー会社です。太陽光発電業界のリーダーとして、ホワイトハウス社会イノベーション・市民参加極に認められている企業です。

今回開発した太陽光発電システムは、サザンカリフォルニアエジソン社の電力網を利用している約14,500世帯に年間で16.2MWものエネルギーを供給することが可能です。これまで、持続可能なクリーンエネルギーの導入には、財務的・構造的な複雑さが大きな課題になっていましたが、今回の太陽光発電システムにより、これらの課題を取り払い、安価で信頼性の高いクリーンエネルギーを提供できるようになりました。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です