賃貸住宅にも太陽光発電を、トヨタホームが2つの新製品を発表

代表取締役山科忠氏が取締役社長であるトヨタホームは、2014年の10月17日に太陽光発電システムを搭載した賃貸住宅『SINCE Smart Maison Soleto』と『Vie a FREETHA soleto』を発売します。

両住宅とも、間取りは戸建て感覚の2LDKと余裕のあるひろさで、吹き抜けと庭からの光と風を取り込むことができる快適な空間を演出しています。ウォークインクローゼットも設置され収納スペースも充実しています。外壁には片流れ屋根に木目調の外壁を組み合わせた印象的な外観デザインを採用しています。また、1階の壁面緑化用パネルと2階の軒天フックによる緑カーテンで豊かな住宅環境を演出しています。

太陽光発電システムの発電能力は10kW超で、豊富な発電能力で『再生可能エネルギーの固定価格買取制度』を利用することにより、全電力買取方式が利用できるため、賃貸住宅を経営するオーナーの経営を支援します。

戸建て物件にて豊富な実績を持っているトヨタホームでは、今後、賃貸住宅分野でも、顧客の幅広いニーズにこたえ、『建てるときの安心』・『建てた後も安心』・『支える安心』の3つの安心を届けることをポリシーとして住宅開発に益々注力していきます。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です