Qセルズとハンファソーラーワンが合併、生産能力は3.28GWに

韓国ハンファグループは、中国の太陽電池メーカーハンファソーラーワンに加えて、ドイツの最大手Qセルズも買収し、傘下にいれてきました。

2014年12月19日、この2社が正式に合併して新会社を設立すると発表。この合併により太陽光セルの生産能力は3.28GWになり、世界最大の太陽電池メーカーが誕生することになりました。

今回の合併は世界の太陽光ビジネスの多様化に対応すべく行われたもので、事業規模の拡大によるコスト競争力の向上、技術力・経験の差別化、そしてセル・モジュール製造に留まらない幅広い太陽光ビジネスを展開する基盤の整備実現を目指すとしています。さらに財務基盤の強化により、ナスダック上場企業として市場での高い資金調達力の確保など、長期的な成長の追求する体制が確立される期待も持たれています。

ハンファQセルズのCEOであるチャールズ・キム氏は「ハンファソーラーワンとの合併により、事業規模の拡大と太陽光ビジネスの重要市場参入のための事業基盤を獲得することが可能になりました。新しい体制でこれまで以上に卓越したサービスをお客様にお届けしていきます」のコメント。
また、ハンファソーラーのCEO、ナム・ソンウ氏も「ハンファQセルズの高い品質と革新的な研究開発力により、製品群の強化、ダウンストリーム分野の専門性をグローバルに展開できることが期待されます。ハンファソーラーの持つコスト効率の高い生産能力も併せて、さらなるコスト競争力の向上、事業規模の拡大、財務基盤の強化を実現させ、世界に向けて事業をアピールしていきます」と意気込みを語っています。

私たちが期待したいのはやはり、品質重視のQセルズがより身近になる可能性です。今後もハンファソーラーの動きに要注目ですね!

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です