カナディアンソーラー、ブラジルで3つのメガソーラープロジェクト受注、出力は合計で114MW

カナダのカナディアン・ソーラーは、Solatio社と提携してブラジル連邦共和国のミナスジェライス州バザンテに3件の大規模太陽光発電所を開発と建設を行います。Solatio社は、早期からブラジルで太陽光発電技術の開発に着手していた、ノウハウ豊かな太陽光発電システムのリーダー的な存在の会社です。

3件の大規模太陽光発電システムの合計の発電量は114MWになり、1MWh当たり216.12レアルで20年間販売する契約をブラジル政府機関と提携しています。
カナディアン・ソーラーの会長兼CEOのショーン・クゥ博士は、カナダで培った太陽光発電の経験を活かして、ブラジルにて差別化のできるビジネスサイクルの拡大を狙いたいとコメントしています。また、カナディアン・ソーラーの技術力を証明し、世界中の太陽光エネルギーの需要拡大につながるだろうともコメントしています。
一方、Solatio社のベドロ・ヴァクー氏は、ブラジルの地域産業や国への深い知識を生かして、ブラジルのえねるびー分野での成功を狙いたいとコメントしています。また、カナディアン・ソーラー社とSolatio社の提携契約は、ブラジルでの大規模太陽光発電所の開発プロジェクトにおいて、完璧な組み合わせだともコメントしています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です