三菱電機、PCS10台接続の住宅用太陽光発電モニター新商品発表

三菱電機は、住宅用太陽光発電システム向けカラーモニター「エコガイド」の新製品を12月に発売開始すると発表。再生可能エネルギーの固定買取制度が発足した影響により、全量買取対象となった10kW以上50kW未満の低圧連系システムの市場が拡大しつつあることを受け、これまでパワーコンディショナー(電流変換器)を2台までしか接続できなかった低圧連系システムでも、一戸建て住宅と同様に10台まで接続できるように改良されています。

発電量などの運転状況は、接続したパワーコンディショナーごとに表示することができます。これによりシステムに異常が発生した場合も早期発見の可能性が高くなり、売電機会の損失を最小限に抑えることができます。通信方式は安定性に優れる有線を採用、従来では最大50mだった通信距離は、その2倍となる最大100mに変更されています。

表示ユニットは発電・消費・売電・買電といった電力状況に加え、年月日ごとの実績がグラフとなって示されます。積算発電量に応じて動物や草木が増えるアニメーションで環境貢献度がチェックできる他、発電量・消費電力を時間帯別に示す画面も用意されています。
販売価格は99,000円(税別)で、月産3,000台を予定しています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です