東京工業大学、太陽光発電を自給自足でよりエコなキャンパスに

太陽光発電について現在の課題として、各地での電力会社の買取った電力の受け入れの増加に伴って、電力系統の負担増加による大規模停電の発生が心配されています。

解決策のひとつとして「太陽光エネルギーの地産地消」が挙げられます。東京都目黒区の東京工業大学大岡山キャンパスの「環境エネルギーイノベーション棟」では、ビルの壁面に太陽光パネルを取り付けて、エネルギーをビル内で自給自足しています。さらに余った電力は他の建物に融通しています。このように「売電」ではなく「地産地消」によって電力系統への負担を減らしているのです。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です