環境省、税制改正で太陽光発電の贈与税を非課税に

環境省が2015年の税制改正において、「低炭素化設備の普及のための世代間資産移転促進に関する非課税措置」の創設を求めているそうです。

これは、父母、祖父母など直属からの110万円以上の資金贈与をされた際にかかる贈与税を、
太陽光発電や高効率給湯器など、CO2削減効果のある設備にを購入する目的に限って贈与税を非課税にしようというもの。

環境政策に関するシンクタンク・地球環境戦略研究機関(IGES)による立案だそうです。

太陽光発電の購入には、平均的な規模である4〜5kWで150万円前後がかかります。
太陽光発電今月の相場価格を参照

売電収入による初期費用回収をなるべく早く達成するには、ローンではなく一括現金支払いが理想的。
おじいちゃん、おばあちゃん、
この機会にお子さんやお孫さんの住宅に、太陽光発電等購入、いかがですか?

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です