パネルの欠陥は設置前に検査、株式会社プランのマイクロクラック検査代行サービス

太陽光発電関連企業である埼玉県の株式会社プランは、住宅用・産業用の太陽光発電の販売・設置に加えて自社でパネルの製造や、不良パネルの検査など、総合的なサービスを提供しています。

今回ご案内するのは同社が提供するEL検査機。環境ビジネスにも紹介されている製品で、マイクロラックという目では見えないヒビやハンダ不良などの不具合を、電流を流して赤外線カメラで目視化するもの。

同社によると、某海外製のパネルではマイクロラックが検査対象の22.4%の製品に見つかったのだそう。

放っておくと出力低下や故障につながり、発電量にも影響を及ぼしますが、設置前にこうした不良パネルを除外することで、売電収入も最大限に保つことができます。

この検査機を用いたパネルの検査代行は1Wあたり2.5円から提供されるということ。200Wのパネルなら一枚500円~です。

なんと、楽天市場でも販売しています。280万円です。
1,120kW以上設置する場合は検査機を買う方がオトク!ということになりますね。大口の事業者に加えて、大手施工販売店などでの採用が予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です