「F勝浦太陽光発電所」

各地でメガ単位の太陽光発電所の建設を行うNTTファシリティーズ
千葉県の勝浦市の、新電元工業株式会社が保有する土地に、
今月8日から1.253MWのメガソーラーの建設を始めると発表。
名称は「F勝浦太陽光発電所」です。

5か月の工期で完成を予定する同メガソーラーは、
NTTファシリティーズが独自で開発した発電診断システムを利用しているということ。

遠隔による自動診断で
ストリング(パネルが直列に並ぶ一回路分)/パワーコンディショナ/接続箱
といった単位ごとに発電診断を行い、さらに見える化することで、
故障や不具合に早急に対処できるというものだそう。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です