リチウムイオンより有力?次世代型蓄電池「マグネシウム空気電池」の実証実験

太陽光発電システムとの併用でスマートグリッド社会の実現一翼を担うことが期待される蓄電池システム。

普及が最も進んでいるといえるのが鉛蓄電池ですが、これと比べて小型で使用回数の多いリチウムイオン二次電池(蓄電池)に対し、現在は補助金制度などで政府も普及を後押ししているような状況があります。

そんな中宮崎県日向市の「電力自給自足できるモデルハウス」に搭載されたのが、マグネシウムを使った電池。

なんでも

エネルギー密度が高く、小型化にも向くうえ、現在主流のリチウムイオン電池より安価。しかも自己放電の心配もない

のだとか。

マグネシウムのようにほぼ無尽蔵な資源を使用した二次電池は一般普及が期待されるため、この実証実験には多くの企業が参加。
データ集積後、研究開発への応用が期待されています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です