田淵電機の新技術パワコンで、発電量を増やせる?

パワコンメーカーの田淵電機が、「太陽光発電所の発電効率を高められる」新技術を開発したとのこと。
詳細がプレスリリースは見つからなかったので詳細が分からないのですが、なんでも、通常大型パワーコンディショナーを少数代おくところを、容量の少ない小型パワコンをパネル下に設置できるようにしたものだといいます。
これによってパワコンの設置に場所を取らないのでパネルを設置できる面積を増やせたり、一つのパワコンに接続するパネルの枚数が減るので、出力変動そして異常などにも気づきやすいメリットがあるのだとか。

台数を増やすとメンテナンスや初期費用が増えるイメージがあるのですが、実際どうなのでしょうか。
公式リリースによる詳細を待ちたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です