近鉄が三重県に県内最大級のメガソーラー

近畿日本鉄道三重県の伊賀市ゆめが丘に容量15.5MWのメガソーラー「近鉄伊賀ゆめが丘ソーラー発電所」を完成させたと発表。
年間売り上げ約6億6千万円を見込んでいるとしているので、昨年度の単価37円が適用されていると予想します。

当初は公園や教育施設などを計画していた所有地の土地を転用して、23万㎡に同容量を設置したということ。パネルメーカーや施工会社などは明らかにされていません。

shima
同社は2013年9月にはじめの太陽光発電施設を志摩市に建設。これは同社が所有する娯楽施設に建設した「近鉄志摩スペイン村ソーラー発電所」です。中地方出身の筆者は子供時代に行った記憶もあるのでなんだか哀愁を感じていたのですが、スペイン村とはちょっと離れた同社所有地に設置されているようです。
三重県はエネルギー政策課が三重県次世代エネルギーパークの紹介を行っており、見学ツアーもできるようですよ。
地方のレジャー施設での太陽光発電の有効性はいかにというコラムも以前書きましたが、社会見学などで集団客を集めるのには、確かに有効かもしれませんね。
ただ、もともとの施設の魅力にちょい足し程度の効果な気もするので、もともとの施設に集客力がないのであればちょい足し効果もあまり無さそうな気もします。

脱線しましたが、近鉄はこのほかにも大分県、奈良県大淀町の太陽光発電施設が今年3月に稼働開始、そして4箇所目となるゆめが丘のメガソーラーの容量をすべて合わせると、約24・4MWになるといいます。

土地を持っているって、強いですね~。
参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です