シェア世界一のインリーソーラーまさかの赤字??

今月はじめには10GWのモジュール供給達成とも発表していた、シェア第一位(メーカーシェア推移はこちらからインリーソーラーですが、2014年大四半期の決算は予想を上回る赤字だったのだとか。

最終損益が4,600万ドルの赤字とあるのですが、なんと供給量世界一を取った昨年も、同期は5,230万ドルの赤字を計上していたのだとか。
身を削ってシェア世界一を守っている、ということでしょうかね。

パネルの供給量(出荷量)では予想していた870-950MWを達成で887.9MW。
来期以降はさらに米国によるダンピング課税の影響も受けると考えられ、今年の通年のパネル出荷量をこれまでの4~4.2GWという予測から3.6~3.8GWに引き下げることを発表しました。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です