北海道電力が系統連系申込みの回答保留

2014年9月30日付で発表されたほくでんからの系統連系保留に関するプレスリリースです。

各電力会社の系統連系状況はこちらのページで速報をご案内しています。


北海道電力では、管轄地域の最小電力需要である約270万kWを上回る約300万kWの地域内の設備が平成26年5月末時点で国によって認定されたとされています。

500kW以上は条件付きで受け入れ可能

この多くを占めるのが500kW以上の設備で、30日を超えて出力抑制を要請した場合でも、補償をしないことを前提に受け入れを進めるとしています。
言い換えれば、500kW以上の設備は出力抑制を(おそらく年に)30日以上する可能性が高いということ。

10kW以上500kW未満は回答保留

設備認定容量で80万kWに達している500kW未満の全量買い取り設備は、10月1日以降、当面(数ヶ月)の検討結果の回答保留をします。

いつの時点でにどういう結果が返ってくるのか(完全拒否、抑制などありの場合許可、蓄電池併設での許可などが考えられます)は、未知数です。完全拒否はないことを願いたいものです。

10kW未満は買取続行

家庭での自家消費を伴う(余剰の)10kW未満の設備については、「回答の保留は行わず、従来どおりの受付を継続」としています。

各電力会社の系統連系状況速報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です