京セラ、多結晶シリコン太陽電池で効率記録更新の18.6%

京セラは世界最高効率の多結晶Guneセルの記録をさらに更新しました。img_kyoc
その記録は18.6%、量産レベルの多結晶太陽電池セルによる新記録です。結晶品質の向上、電極工程の改善、そしてキャリア再結合の低減(太陽電池内部で発生したプラスとマイナスの電荷が、太陽電池内部で結合して消滅することにより、発電効率が低下する現象)により実現した記録だといいます。

2014年夏より当セルを使用した製品を販売開始予定とされています。楽しみですね。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です