トリナ・ソーラー、2014 年第 2 四半期の業績

トリナソーラーが2014年の第2四半期の決算報告を発表しました。

リリースの全文はこちらでご覧になれます。(英文)
ここでは抜粋内容をご案内します。

トリナ・ソーラー、2014年Q2の主な決算データハイライト

2014年第2四半期は、パネル供給量(出荷量)自体は増えたものの、価格設定の安い中国での出荷量が多くを占めたこと、営業利益率が減ったことなどから純利益は減ったようです。
決算報告の中で重要そうなところをピックアップしています。さらに第一四半期との比較を括弧内に記載します。

  • モジュールの出荷量 943.3MW(前期558.0MW/+69.1%)
  • 純収入 519.4 百万ドルで(+16.8%)
  • 純利益 10.3 百万ドル(-61.1%)

2014年後半の見通し

年末にはインゴット生産からモジュール組立までの全体の生産能力を引き上げ、現在の3.6GW/年(モジュール)から3.8GW/年にする計画。
第3四半期と第4四半期の出荷量はそれぞれ1.06GWと1.12GWを見込んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です