スフェラー(sphelar)の懐中電灯にため息

sphelar

sphelar(スフェラー)という球状の太陽電池を使用した懐中電灯、美しいです。
太陽光発電はデザイン・アートとの相性が抜群だということが再確認されます。

sphelar2

大阪のデザインスタジオ/ショップのgraf studioと、京都のスフェラーパワーのコラボレーションによって生まれた照明機器。

第一弾として昨年(か2年前)に同社がランタンを発表しましたが、砂時計を上下を逆にするだけで充電/放電(点灯)できる、その優雅なインターフェイスには感動したものです。

暗いベッドルームが怖い子供部屋なんかにもピッタリなこの照明器具を、いつかは手に入れなければと思っていたのですが、その小型版の懐中電灯が商品化されたということです。

いざというときに電池切れの心配がないのもメリットの一つですが、災害用に取っておくのはもったいない美しさ。
アウトドアや自転車の照明などにもピッタリです。

sphelar(スフェラー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です