レネソーラQ2決算発表、黒字に転換

日本にも進出を果たしているレネソーラが今年の第二四半期の決算を発表。株主帰属の純損益が75万7,000ドルの黒字となりました。

前年の同期が2,110万ドルの赤字でしたが、コスト削減で業績が転向、売上高は2.6%上がって3億8,710万ドル。

第3四半期の出荷量は530~550MWで、第2四半期498.7MWからは拡大の見通しだということ。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です