サンパワーのパネルを使った29MWのメガソーラー鹿児島県日置市で

サンパワーのパネルの人気がじわじわ上がっていますね~。
住宅用では東芝を通してシェアを伸ばすサンパワーですが、産業用での直接的なパネル提供の例も増えています。

サンパワーの今回の取引先は南国殖産。鹿児島県日置市に29MWというメガソーラーです。
使用される予定のパネル「E20/327」は効率20.1%の世界最高。東芝ブランドで取り扱われる「SPR-250NE-WHT-J」と同等商品であると予想されます。

限られたスペースにできるだけ多くのパネルを敷き詰めたかったという南国殖産。29MWも置けるとなると30ha前後はある土地だと考えられ、”限られたスペース”と説明するのは若干違和感を感じますが、今後発電事業を150~200MWまで拡大していきたいと考えているようで、新電力なども念頭に置いているのでしょうかね。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です