利回り18%!昭和シェルと宇部興行によるメガソーラーが完成!

以前ニュースをご紹介した宇部興産と昭和シェルによるメガソーラーが完成したそうです。

総工費は約50億円でキロワット換算約23万円。
2012年度中に設備認定を済ませているはずなので、40円(税抜)の売電単価が適用され、年間平均9〜10億円の売電収入を見込むということです。

ちょうど遊休地を持て余していた宇部興行と、使用したパネルのメーカーであるソーラーフロンティアを完全子会社としている昭和シェルによる事業だったからこそ成し得た驚異的な利回りは約18%!羨ましい限りですよね。

ちなみにここでは、同発電所の設備利用率は13.4%、年間発電量は1175kWhという想定で売電収入を算出していますが、実際の稼働中太陽発電所の記録を見てみると、全国平均に近い山口県でも14.28%の設備利用率となっており、利回り18%の試算でさえ”控えめ”になる可能性も大いにあります。
ましてや使用しているのは実発電量で結晶型の1.1倍程度が出ると実証されているソーラーフロンティア

参考までに、平均データとしてある山口県の設備利用率14.28%を1.1倍にしてみると15.7%という数字が得られます。
そしてこの設備利用率による売電収入は年間11.7億円、利回り23.4%!!

とまぁ、純粋に興味に駆られて計算してみましたが、あくまでこれはかなり好条件での発電事業が行われた場合の試算ですが、売電単価も引き下げられている現在からすると夢のような利回りですよね。

参考

遊休地などを利用した産業用太陽光発電・価格と収益のシミュレーション
発電事業にもうってつけ!ソーラーフロンティアのCIS太陽電池・特徴や最新相場価格情報など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です