「3本バスバー電極構造」特許の侵害で京セラがQセルズを提起!他のメーカーは大丈夫??

京セラ株式会社が7月10日、ハンファQセルズジャパン株式会社に対して、太陽電池モジュール関連の当社特許(特許第4953562号)を侵害しているとして、東京地方裁判所に特許侵害訴訟を提起』

したそうです。(リリース


京セラの特許第4953562号は出願から取得の期間に市場で汎用化

京セラは今回問題となった特許第4953562号を2004年に出願。具体的には

·3本のバスバー電極
·バスバー電極幅:0.5~2mm
·フィンガー電極幅:0.05~0.1mm
·太陽電池セルにおける電極の配置を特定

という、太陽電池モジュールのキモとなるセルの電極レイアウトに関する特許です。

このレイアウトで受光面積が増え、さらに電極の電気抵抗が低減されたことで、モジュールの高効率化を実現したということ。
2004年に世界最高記録を出した京セラの多結晶セルの効率17.7%も、このレイアウトにより達成したのだそう。

しかし出願から取得には8年もの期間を要し、発表に至った時点ではこの電極レイアウトは市場で主流となるほど汎用化してしまっていたのだそう。


売上も好調だったQセルズに初の提訴、他のメーカーも標的内

2012年の特許取得の発表の際に京セラは、「今後この特許に該当する電極構造を採用している企業に対して警告などを検討し、知的財産の保護に努めてまいります」と明記。それ以降京セラは複数メーカーに、特許侵害についての交渉を行ってきたのだそう。

そして交渉決別の上初めて提訴にまで至ってしまったのが、ドイツのQセルズだった、ということです。
Qセルズは日本での供給量増加などの快進撃も見せていたところに、思わぬ痛手を被った形になります。

他に特許侵害の交渉を行っているメーカーについて、京セラからの発表はありませんでしたが、気になったので主要メーカーのバスバー(細いフィンガー電極から繋がる太い電極のこと)の本数を調べてみました。

バスバーが3本で即特許侵害というわけではなさそうですが、特許に含まれるフィンガー電極の幅まではさすがに調べきれなかったので、参考までにどうぞ。

バスバーが3本のセルを使っているメーカーとそのパネル

1, シャープ
主力のブラックソーラーはバックコンタクト(電極を裏側に配置)を採用しているのでクリア。
ルーフィット設計シリーズは写真だけではセルの配置まで分かりませんでした。

ただ、廉価版の単結晶モジュールにおいては、旧モデルは2本だったバスバーを最新モデル「NU-205AD」では3本に増やしています。
これは果たして特許に抵触するのでしょうか。
もし「NU-205AD」のかわりに一つ前のモデル「NU-200AB」を売り続けたり、次のモデルで2本バスバーに戻っていたりしたら、京セラからの交渉に応じた可能性大ですね。

2, パナソニック
パナソニックから現在販売されているハイブリッドHITパネルのバスバーは3本。
パナソニックのHIT太陽電池は人気が高く市場でも流通量が多いだけに、特許侵害していたなら一大事!確認のため電話で問い合わせてみました。
問い合わせセンターで答えられる限りの情報では「特許関連には十分注意している」という回答をもらえたのみ。

しかしさすがに主力製品であるだけに、バスバーの本数以外のところで何かしら特許を侵害しない調整が入っているハズ?そう願いたいところです。

3,トリナソーラー
安価で人気も高まっている中国のトリナソーラーですが、効率の高いクアッドマックスシリーズはバスバー2本でセーフ。住宅用市場で取り扱われるパネルは主にこのクアッドマックスシリーズなので、心配する必要はなさそうです。

ただ、より大きなパネルのHoneyシリーズはバスバーが3本になっています。産業用などでトリナソーラーを採用する際は、このHoneyジュールを使うこともあるかと予想されます。

バスバー本数が不明なメーカー

1,東芝
主力製品はサンパワーのOEM製品である単結晶パネルですが、これにおいてはバックコンタクトを使用しているので問題なし。
(というか、このバックコンタクト自体、サンパワーが昔特許を取っていた技術でした。現在はバックコンタクトに関する主要な特許は切れており、他メーカーで採用される例も増えています。)

サンパワー製のパネルの他に東芝から廉価版として出しているVシリーズのセルは、バスバー本数が写真を見ただけでは不明です。
この廉価版モジュールにおいても東芝は自社工場で作っている訳ではないので、パネルの仕様に関する情報も乏しく、調べようが無い状態。

ただ外部調達という事は、裏を返せばもし販売するセルに問題(今回で言う特許侵害)がある場合、取り扱いの中止や変更も比較的容易に行えるとも考えられます。

バスバーが3本でない(京セラの特許侵害の可能性が無い)メーカー

1,三菱電機
三菱は「業界初の4本バスバー電極セル」を採用。従来の2本から、3本を通り越して4本で製品化したということは、やはり京セラの”特許”が関係しているのでしょうか。
どちらにせよ、三菱電機は完全「白」です。

2,ソーラーフロンティア
言うまでもなく、シリコン系モジュールではなく化合物系のCIS太陽電池を使っているソーラーフロンティアは「白」。

3,カナディアンソーラー
高効率「ELPS」シリーズは電極を裏面に配置。ブラックモジュールはバスバー2本。
中国メーカーの中でも選ばれる事の多いカナディアンソーラーは、今回の特許侵害においても安心して選択できるメーカーということになります。

最近は中国メーカーの日本市場進出がさらに激化していますが、特許侵害といった面までカバーできているメーカーが、果たしてどれくらいあるのでしょうか。現に比較的マイナーなメーカーをさらっと見てみても、バスバー3本のセルを採用しているメーカーは結構見当たります。

ちなみにこの京セラのこの特許は「日本で生産されたもの、もしくは日本市場で売られるもの」に関して適用されるので、海外メーカーが海外向けに売っていた製品をそのまま日本に持ってこようとして引っかかるケースが多くありそうです。


【ここ大事!】該当のメーカーを使用した発電事業者に関しても起訴を検討

最後は大事なところなので、京セラのリリース内容そのままご紹介します。

太陽電池モジュールの高効率化を実現する「3本バスバー電極構造」に関する当社所有の特許を侵害しているとして

現在、同社(Qセルズ)以外の太陽電池モジュールメーカーとも、同様の交渉をおこなっておりますが、その進捗状況により、これらのメーカーおよび

当該モジュールを使用して発電事業をおこなっている事業者に対しても、損害賠償や差止めを求める特許侵害訴訟の提起を検討してまいります

なんと!
メーカーだけでなく、それを使用したパネルで発電事業を行う事業者についても、「知らぬが仏」では済まされない可能性があるのです。

ただ、パナソニックに電話問い合わせした際も、
「そういった特許はメーカーに対して侵害の提訴をするもので、その使用者に対して迷惑をかけるようなことはない」という回答をいただいており、発電事業者さんはこの事についてそこまでシビアに考える必要はないのかもしれません。

とはいえ、こうした特許関連に関する認識について、日本のメーカーと同じレベルを海外メーカーに求められるかどうかと言えば、なかなか日本のように律儀なビジネスができるメーカーばかりではないのではないか、という考えの方がいても、おかしくないと思います。個人的には私も、そう思います。

メーカー選びは慎重になりたいものですね。

【関連コンテンツ:太陽光発電メーカー一覧と比較
それぞれのメーカーの製品比較や、生産体制に関する実情まで、さまざまな角度からメーカーを比較しています。
価格に関しては最新の価格比較をご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です