名古屋市の公共施設134件の屋根貸し事業者募集中です

名古屋市の環境局は、市内の学校施設などを含む公共施設の屋根を太陽光発電の発電事業者に貸出すと発表。

市内の392施設を対象とした屋根貸しは事業者募集を3期に分けて行われ、2期目の今回は134施設の屋根への太陽光発電設置事業者を募集するとしています。

高等学校施設は特に屋根面積が大きく、4000㎡~5000㎡といった案件も少なくありません。大きいもので体育館など含め合計の屋根面積9622㎡の工芸高等学校には、1MW弱の太陽光発電設備の設置も可能かと考えられます。

愛知県は全国的に見ても太陽光発電の設備利用率(=発電量)が高い地域で、さらに補助金制度などの充実で既に多くの設備が設置されています。(参考:全国都道府県の発電量比較

今回の大規模な自治体の屋根貸し事業は、設備容量の増加にさらに貢献しそうです。

使用料は1㎡あたり年額100 円以上。これは他の自治体でも同じくらいの水準を設けて募集しています。とはいえ前回の名古屋市における屋根貸事業では、最大で472.5円/㎡を支払うというプロポーザルも見られます。一方、キロワット換算で年間900円弱の屋根使用料で勝ち取っている事業者もいるところをみると、単に屋根使用料を多くしたところで当選できるわけではなさそう。

募集要項には評価基準や選定方法なども明記されています。
事業者の財務状況や施工実績、屋根使用料の妥当性といったところはもちろんんですが、地域貢献性などの面もばっちり評価基準ですよ!
「売電だけではない、太陽光発電事業の在り方」の好例もカテゴリーページでまとめていますので、よろしければご参照ください。

屋根貸事業・募集詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です