「ベガルタ仙台」クラブハウスへ太陽光パネルを寄贈

大手パネルメーカーであるカナディアン・ソーラーが、スポンサーと務めるプロサッカークラブ、ベガルタ仙台の練習場に同社のパネル10kWを寄贈したと発表。
電力を施設内で利用して年間電気使用量のおよそ15~20%削減を目指すとしています。

同社の仙台営業所開設を記念して行われたCSR事業の一環で行われ、余剰分は売電もできるのでクラブ運営費の足しにもなります。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です