コマツ、最新工場の屋根には自家消費用の太陽光発電

2013年には生産活動やサプライチェーンにおける温室効果ガス削減への取り組みが評価され、CDP(世界の機関投資家722社が支援し、世界の時価総額上位企業へ質問書を送付し回答内容を評価する、世界最大の気候変動に関する企業評価プログラム)で日本の産業セクターで唯一最高評価のA評価を受けた、建設機械・重機械メーカーの小松製作所。

komatsu

国内の主力工場の一つである粟津工場において5月に新組立工場の稼働を開始し、次世代組立工場における最新の環境性能と生産性について発表しました。

この新工場は築40年を超えた2棟の組立工場を1つに集約、床面積における生産性を2011年度に比べ2倍に改善したことや、最新の省エネ機器を採用することで、2010年度に比べて電力消費量を半減。
さらにバイオマス発電(今年12月稼働開始予定)と、屋根に設置する太陽光発電(550Kw・同7月稼働開始予定)で発電した電力を自家消費することで年間の電力購買量を90%以上削減することを目指します。

今後も電力使用量の半減と生産コストの大幅な削減を、全国の工場(今年度は小山、栃木工場で予定)で進めていくということで、今年のCDPでも好評価が期待できそうですね!

売電に頼らない太陽光発電、ちょっとずつですが、増えてきています。
こうした国内の先導的な企業が率先して自家消費の太陽光発電事業を行ってくれているのは心強い限りです。

リリース
参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です