工場屋根に2MW、愛媛の梅ノ木太陽光発電所

愛媛県に本社を持つ丸住製紙株式会社は、自社工場の屋根に2MWのパネルを設置、4月に売電を開始したと発表しました。
屋根の上に大規模な太陽光発電を載せる例は増えてきましたが、2MWという規模は結構な大きさです。
使用パネルなどの情報が公開してもらえれば役に立ちそうです。
当社では初めての太陽光発電事業で、今年9月にはさらに東部臨海土地造成地に太陽光発電設備が完成する予定だということ。

「地球環境保全に努める企業という経営理念の下で行われているこれらの発電事業ですが、発電量はすべて四国電力を通じて売電されます。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です