福島県にリクシルのメガソーラー6.35MW

リクシルが自社の須賀川工場(福島県須賀川市)の敷地335,730㎡(約10万坪)のうち約98,000㎡分を使い、6.35MWのメガソーラー「LIXIL須賀川SOLAR POWER」を建設。
施工はNTTファシリティーズが行い、パネルはサンテックの多結晶パネルを使用。(LIXILではサンテックのソーラーパネルをOEM販売している)
架台はリクシルが作っているアルミソーラー架台を使っています。

自社で手掛けるメガソーラーはこれで3つ目で、リクシルはこれまでにもLIXIL有明工場(熊本県玉名郡)とLIXIL岩井工場(茨城県坂東市)に、 それぞれ3.75MWのメガソーラーが稼働しています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です