ソーラーフロンティア、メキシコの大規模太陽光発電所に1.5MW供給のすごいところ

ソーラーフロンティアメキシコの大規模太陽光発電所に1.5MWのパネルの提供を行われたと発表がありました。

  • プロジェクト名:セロ・プリエト・プロジェクト(メキシコ・セロ・プリエト)
  • 事業主:CFE(メキシコ国営の電力会社)
  • 施行:イべリンコ社(スペインの。世界最大級のエネルギー供給会社Iberdrolaの傘下)
  • 規模:5MW(うち1.5MWをソーラーフロンティアが供給)
  • 稼働開始予定時期:2012年末

注目点は

  • ソーラーフロンティアのモジュール提供は南米で初!
  • 完成すると2012年時点でメキシコ最大級
  • 世界的に有名なイベルドローラ社の事業への参加


といった点です。
メキシコの国家主導で行われ、世界的に知名度も大きなエネルギー供給会社であるIberdrolaが関わるプロジェクトであるため、世界中から集まる注目もより大きいと考えられ、その中で「低コストで高い実発電量を実現」できることを証明できれば大きな進展となりそうです。

世界各地でソーラーフロンティアの活躍が続いています。
〝CIS太陽電池″という比較的新しい技術で、先を行く同社。
「熱に強い」「実発電量が多い」また製造の過程での「環境負担も少ない」ことに加え、「低資源に抑える運送技術」も好評化を受けています。
さらに展開商品を絞った生産などにより、「キロワットあたりの価格が安い」ことも魅力的です。
施工販売業者の販売価格を比べると、ソーラーフロンティアのCISパネルは、なんと「安さ」で勝負の楽天ソーラーのシャープ製パネルと同等価格です。

昭和シェルの子会社という事もあり、海外展開はお手の物。ますます期待が高まりますね!

ソーラーフロンティアの詳細・パネル最安値情報など
ソーラーフロンティアの国富工場、国際規格に合格 欧州進出の大きな一歩?
ソーラーフロンティア、世界最大級の米メガソーラーに80MW供給のすごいところ

ソーラーフロンティア:プレスリリース

1 Response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です