バイテック、レネソーラのパネルを旧スーパーの建物を借りて製造

レネソーラが提携した国内企業「バイテックグローバルソーラー」は、報道されていたレネソーラの主力製品「Virtus II」の製造を行うための拠点を、栃木県大田原市加治屋のスーパー跡に決定。改修をして7日に稼働開始されたと発表しました。

5,000㎡の工場を賃貸し、年間36万枚「Virtus II」(250~260W)を生産する予定で、現在50人の従業員を今後は120人まで増やす計画。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です