丸紅の82MWメガソーラー、大分市に完成

丸紅が手掛ける国内最大級の太陽光発電設備が大分市に完成、稼働を開始しました。その規模は82.02MWで、設計・製造・据え付け・調整を一括で日立製作所が担当。さらにパワーコンディショナ―も日立製で、完成後の保守契約も、売電期間の20年間を通して日立が行うという。

臨海工業地帯の105haに設置された82.02MWの太陽光発電施設で年間8700万kWhの発電量を見込んでいるということ。予定より50日早い稼働開始となったのだとか。

数十MWという大規模なメガソーラーは大手企業が共同出資によって行う事業がおおいですが、丸紅の単独出資によるもの。
この他にも丸紅は、三重県・愛知県で49MW、宮城県で28.3MWの案件を開発中だということ。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です