ソニーがカナダの電力大手と合弁会社設立、電力系統用の大規模蓄電システムを開発

ソニーが、カナダ最大の電力会社であるハイドロ・ケベック社と、主に電力系統用の大規模蓄電システムに関して研究・開発するため、2014年6月に合弁会社を設立する予定だと発表。

今回の新会社設立は、大容量の電力を効率的に安定供給するために高い安全性と信頼性を持つ電力系統用の蓄電システムを開発する事を主な目的としています。

ソニーの安全性・信頼性の高いオリビン型リン酸鉄リチウムイオン二次電池と拡張性の高い蓄電モジュール・システムの制御技術、ハイドロ・ケベックの電力系統の運用・制御技術とリチウムイオン電池材料技術、それぞれの強みを生かして大規模な用途でも高い安全性と信頼性を実現するシステムに加えて、電力系統用に適した電池材料技術の研究・開発を行い、変電所におけるピーク対策や再生可能エネルギーの系統連系など、拡大するさまざまな用途への有効性の検証を行っていくとのこと。

ソニーは新会社の設立で、すでに進出している家庭・オフィス用蓄電システム市場に加えて、より大規模な蓄電システム市場への進出で、蓄電池事業を拡大していきたい模様。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です