新たに韓国パネルメーカーが日本市場に参入

固定価格買取制度では10kW以上の買取価格が大幅に引き下げられ、住宅用では補助金も廃止されたことから、一時落ち着きを見せていると考えられる日本の太陽光発電市場。
しかし、比較的高価なパネルでも採算が十分に取れた今までとは違い、これからは”安い”パネルへの需要がさらに高まってくるとも考えられます。

こうした流れを狙ってか、海外メーカーの日本進出が相次いでいます。

4月9日、韓国シンソンソーラーが、日本のハウスメーカー「アサヒアレックス」と、2016年までの2年間のパネル供給契約を結んだと発表。

シンソンソーラーは2012年に、すでに日本支店を設置していたということですが、今年に入ってさらに営業体制を強化していきたい狙いだということ。

シンソンソーラー

>参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です