パナソニック、結晶シリコン系太陽電池セルで世界最高25.6%

効率HIT太陽電池を製造するパナソニックは、結晶シリコン系太陽電池セルで、世界最高記録の効率を達成したと発表しました。

実用サイズ(100cm²以上)でのこれまでの最高記録は、パナソニックによる2013年2月のもので、24.7%(セル面積:101.8cm²)。
小面積も含めたシリコン系太陽電池の変換効率の過去最高値は25.0%(セル面積:4cm²)。

今回のパナソニックの記録はこのどちらも大きく上回り、変換効率25.6%(セル面積:143.7cm²)という記録になりました。

この成果の要因として、「HIT」シリーズの特長である高い変換効率と優れた高温特性を実現する現行のヘテロ接合技術をさらに進化させたことと、サンパワーの太陽電池などでも採用されているバックコンタクト方式の採用が挙げられています。

現在パナソニックが商品化しているもので最高効率のパネルはHIT245α(VBHN245SJ21)で、出力245W、効率19.1%のもの。
他社を含めると、サンパワー(日本では東芝がOEM販売)のSPR-250NE-WHT-Jは250Wで20.1%という製品があります。

今回開発に成功したセルを使ったパネルが製品化されれば、長年世界最高効率の製品を作り続けたサンパワーの位置をパナソニックが代わることになりそうです。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です