公開!サンテックの今後の戦略

サンテックの戦略

  1. 有益顧客との持続的な関係への投資:テクノロジーの発展を推し進めると同時に、特別な顧客に対する例外的製品補給などの措置に注力する
  2. 妥当な規模の生産設備:生産性を高め、コストを抑えるために、サンテックでは一時的に生産設備の規模を改定しています。具体的にはPVセルを1.8GWに縮小し、半導体は1.6GWを維持、モジュールに当たっては2.4GWに拡大します。国家間の貿易保護体制と、需要の波の影響を少なくすることを目的に、海外に向けての供給チェーンを調整していきます。
  3. 生産コストの削減:2012年の終わりまでに、シリコン以外での生産費を、1ワット当たり55セントの削減を目標とします。(1年前から30%の削減の目標値)
  4. 運営体制の合理化:2012年には2011年から20%の運営費の削減を目標に掲げています。
  5. 財政状況の改善:信用枠の拡張と、債務の返済額と支払の利息の削減に尽力します。

サンテックでは80カ国で約7GWの太陽光発電の設置を行ってきた大企業です。この戦略を持って、2013年にはポジティブな営業キャッシュフローを取り戻せる自信を持っています。 ―サンテックCEO, David King

サンテックと製品の特長、販売価格比較についてはこちらから

参考記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です