米GEが日本の太陽光発電事業に参入

岡山県瀬戸内市塩田跡地に230MWのメガソーラーを建設する、ゴールドマン・サックス、日本IBM、東洋エンジニアリングなども関わる事業に、アメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)も関わることになったのだそう。

GEは、このメガソーラーの運営をしている、「くにうみアセットマネジメント」による特別目的会社(SPC)への出資を行い、株式の大半を取得する予定だそうです。

「近く瀬戸内市と土地の賃貸借契約を締結する」とされていますが、この計画が持ち上がったのは2012年、つまり買取価格が42円の年に申請は済ませているものだと考えられます。塩田跡地の土地の整備に費用がかさむことが予想されるとはいえ、パネル価格も安定してきている今、この規模で42円売電のできる発電所は、安定した収益も期待できるのではないでしょうか。

さすがというべきでしょうか、投資のしかたがダイナミックですね!

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です