北九州市の電気バス稼働開始

北九州市による電気バスの運行のニュースを以前おとどけしましたが、バスが実際に稼働を開始したということです。

72人乗りの電力駆動のバスは、エコタウンセンター(若松区)とJR戸畑駅(戸畑区)を結ぶ路線を1日2往復するのだそう。
高性能リチウムイオン電池一回の充電で、最大80kmの走行が可能ということです。

バスの稼働は今月26日に開始。
今後の展開としては、今年10月をめどに若松区響灘地区の9haの土地に7500kW(7.5MW)の太陽光発電を稼働開始、同時に発電所付近に設置する充電器によって電力バスへの電力供給を開始し、来春には大型蓄電池の運用開始で完全に太陽光発電による駆動を開始する予定。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です