インドに4GWのギガソーラー建設計画

インドに世界最大級の太陽光発電所の建設計画が、その規模はなんど4GW!(4,000MW)
ギガワット級の発電所をまとめて建設できるのはさすがインド、羨ましい限りですね!4,000MWで発電量は年間60億kWhの見込み、つまりキロワットあたり年間1,500kWhもの発電量が得られる計算になります。設備稼働率にして17%!日本の12%と比べると1.4倍になります。

場所は西部ラジャスタン州ジャイプール近郊。国営企業などが中心となった、政府規模のプロジェクトになります。
2016年までに稼働開始の予定だという事。

インドは「ジャワハルラル・ネルー・ソーラー・ミッション(Jawaharlal Nehru National Solar Mission/JNNSM)」を掲げ、太陽光発電の普及を推進。2022年までに計20GWの太陽光発電施設を建設することを目標にしているということ。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です