関空のメガソーラーには三井情報による太陽光発電監視サービスを採用

関西国際空港の「KIXメガソーラー」が、2014年2月1日に稼働開始。発電状況の監視には三井情報による、リアルタイムの遠隔監視サービスが採用されたそうです。

遠隔監視サービスは他にも、シャープの「Webモニタリングサービス」などがあります。先日この「Webモニタリングサービス」サービス利用者数が4万件を突破したというニュースも発表されましたが、三井情報のサービスは、大規模発電所での利用を想定して設計されているということ。

三井情報はデータセンターでの発電データの長期保管ができ、事業者用には収益バランスの確認ができる管理画面を用意、メンテナンス事業者用にはレポート作成機能によって日々のオペレーションを容易に、など売電事業に適した機能の搭載が特徴で、クラウドサービスによってより安価にサービスが提供できる部分も魅力なのだとか。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です